がんとは?

愛犬が膀胱腫瘤:移行上皮癌のメール相談

愛犬が膀胱腫瘤:移行上皮癌になってしまった方からのご相談

 

■相談者氏名
KS

■患者様氏名
愛犬

■犬の年齢
12


■住所
栃木県

■相談のきっかけ


■相談内容2
申し訳ありません。
実はうちの犬、体重8舛這胱がん手術を9/27に
してがんを97%摘出しました。

■病名・症状
膀胱腫瘤:移行上皮癌
おおきさは膀胱の3/4術後、ピロシキカムと抗生剤を飲み、少し

落ち着いています。

■発症時期


■原発部位
膀胱内尿管付近

■転移部位
今のところ分かりません。

■進行状況


■余命宣告


■ご相談内容
犬の膀胱がんのことで申し訳ありません。
8年前、母が進行性大腸がんで手術後にマキシモールソリュウションやノニを飲み続け癌細胞がなくなり完治した経験からその効果を実感しています。
何とか家の犬を助けてあげたいのです。先生の本の中でβグルカンが入っているビタセルはニュウエイズ(現在モデーア)には見当たらなかったのとpowerFucoidan
の入手について教えて頂けないでしょうか。また治療についてアドバイスを頂けないでしょうか。よろしく、お願い致します。

■このHPをどこで知りましたか
Yahoo検索

■フコイダン資料希望
希望する

■ホームページ公開
構わない

 
| 癌患者様からの声 | 12:21 | 編集 | - | |

癌患者様からのメール

メール相談内容を掲載します。
当クリニックにはたくさんの下記のようなメール相談が届いております。
今回ホームページ公開してもよいという方の相談内容を掲載しております。

個人情報等はイニシャル等により変更しております。

細井皮膚科|無料メール相談|

■相談者氏名
F . E

■患者様氏名
F . E

■年齢
31

■郵便番号
*******

■住所
東京都目黒区*************

■TEL
********

■FAX番号


■Email
***************

■相談のきっかけ
口コミ

■相談内容2
癌・治療法

■病名・症状
乳がん

■発症時期
2012年11月

■原発部位
右胸

■転移部位
右腋下、肺、肝臓

■進行状況
ステージ3

■余命宣告
何もしなければあと1〜2年

■ご相談内容
初めて悪性腫瘍と診断されたのが2012.11月。
言われるがままに抗がん剤治療を始めましたが、
色々調べる中で、病院から言われる3大治療に
疑問を持ち始めました。

抗がん剤(パクリタキセル)、
分子標的薬のハーセプチン、パージェタを
11回行った所で、支払いも続かず、
抗がん剤への疑問などから
病院に行くのをやめてしまいました。
その後、特に治す方法もわからず
放置してシコリが大きくなり皮膚を破り
どうしようもなくなり、
また2015.6月から同じ病院に通い
今度は髪が抜けないという
抗がん剤ナベルビン
(脱毛が嫌だとゴネたら、新しい薬を提案された)
と前回同様のハーセプチン、
パージェタをしていました。

2015.11月まで行っていましたが、
12.1.2月と支払いの面でも
通いきれず、最近分割払いを
病院側と交渉して、また再開
するかどうか…という所です。

「抗がん剤」というものに
もの凄く抵抗があり、

そんなに変わりはないのかも知れませんが
分子標的薬だけをしたい、
と病院に伝えた所、
抗がん剤と相乗効果で効くもの
だからコレだけでは効き目が無い。

金銭面が悩みなら
まだ、ナベルビンだけ
をした方がいい。

ベストは
抗がん剤と分子標的薬
をする事です。

と言われました。

様々な癌の自由診療など
以前から調べてはいますが、
今回細井皮膚科さんのお話を知る
機会があり、まずは詳しく知りたいと
思いご連絡させて頂きました。


現実問題、治療費などの問題は
ありますが、何より
病院から言われる
抗がん剤、手術、放射線
という治療が嫌です。

絶対に他の治療方法があるはず!
と藁にもすがる思いです。

宜しくお願い致します。


■このHPをどこで知りましたか
口コミ紹介

■フコイダン資料希望
希望する

■ホームページ公開
構わない

 
| 癌患者様からの声 | 23:59 | 編集 | - | |

フコイダン カクテル療法(患者様の声)

患者様の声
個人情報等はイニシャル等により変更しております。

細井皮膚科|無料メール相談|

■相談者氏名
K.H

■患者様氏名
K.Y

■年齢
62

■郵便番号
669※※※※

■住所
兵庫県三田市

■TEL
※※※

■相談のきっかけ
その他

■相談内容2
カクテル療法について


■病名・症状
腹膜癌(?)(帯網に腫瘍確認)

■転移部位
なし

■ご相談内容
上記癌を発症、手術後、
抗がん剤治療とともに先生に勧めていただいたカクテル療法を2年行い、そのためか現在も転移、再発もなく10年経過しました。
フコイダンが大いに効果があったと確信しています。
10年経過しましたので、再発予防のためにフコイダンを主としたカクテル療法を再度実施してみようか、と考えています。
服用法等再度アドバイスをお願いいただけたら、と思いメールしました。よろしくお願いいたします。
なお、私どもは平成18年(?)に一度先生に診察いただいております(診察券番号※※※※※※※)。

■このHPをどこで知りましたか
Yahoo検索

■フコイダン資料希望
希望する

■ホームページ公開
構わない
 
| カクテル療法 体験者の声 | 14:25 | 編集 | - | |

最新医学に掲載されました。

細井先生の奥様(細井昌子氏)が最新医学という書籍に掲載されました。

慢性痛難治化の心理社会的因子

最新医学

抜粋ー
近年、がん、うつ病や神経障害性痛などにおいて、発症と持続に関して
経時的に異なる要因の関与が注目されてきている。慢性痛の持続・進展
においても同様の機序が存在する可能性がある。

細井先生コメント
・・・「夫として心強いコメントです。」
 
| お知らせ | 13:02 | 編集 | - | |

TV放映された内容が書籍化されました。

2010年11月放送の『名医にQ』という番組で放送された

細井先生の奥様の九州大学病院 心療内科講師である細井昌子氏の
放送内容が書籍化されました。

めいいni





 
| お知らせ | 17:17 | 編集 | - | |

NHKより取材を受けました!

すでに放送終了しておりますが

7/23 18:10〜のロクいち福岡の番組内にて
九大の新薬開発に関する内容で当院の細井先生がNHKより取材を受けました。

 
| お知らせ | 13:48 | 編集 | - | |

カクテル療法ご相談事例

※氏名などはプライバシーの関係で伏せさせていただいています。

■相談者氏名
M.K

■患者様氏名
M.H

■年齢
37

■住所
北九州市

■相談内容
ガン転移

■病名・症状
子宮頸がん

■発症時期
平成24年7月

■原発部位
子宮頚部

■転移部位
肺転移(まだ疑い)

■進行状況
子宮頚部はステージ2a2

■余命宣告
なし

■ご相談内容
2年前に妻が子宮頸がんになり、その当時細井先生に色々とアドバイスを頂いた〇〇と申します。
当時は子宮頚部に5センチの腫瘍があり、細井先生からカクテル療法を勧められ、病院での治療(同時化学療法)
と併用しました。

そのおかげで5センチあった腫瘍は現在は消滅してます

ただ4か月前の定期検診で肺に7ミリの影が見つかりました。
様子を見てましたが、今月の検診で10ミリまでおおきくなってました。
画像上ではガンとは確定できないようで、7月末に手術する事が決まりました。
PETも撮りましたが反応があったのは肺の10ミリの影だけでした。
ガンであれば転移性のガンの可能性が高いようです。
手術でとってしまえば画像上ガンは無くなりますが、転移性なら抗がん剤を勧められると思います。
私は抗がん剤は拒否したいです。

そこで細井先生に再度、ガンの再発・転移を防ぐ良いアドバイスを頂きたいです。

カクテル療法は量は減らしてますが欠かさず続けてます。
現在はフコイダン1日30〜50ミリ。
アクファジーマックス1日1袋。核酸1日5〜10粒です。
マンゴスチンも飲んでましたが、現在売り切れているようで、半年ほど止めてます。
忙しとは思いますが、アドバイス宜しくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------------------
細井先生からのご返事・アドバイスはご本人様のプライバシーに関わる内容ですので
掲載は割愛させていただきます。


 
| カクテル療法 体験者の声 | 10:17 | 編集 | - | |

11/7読売新聞に掲載されました。

先日に引き続き、細井院長の奥様である九大心療内科講師の細井昌子氏の記事が
11/7の読売新聞 医療ルネッサンス「治らない痛み」という特集記事に掲載されました。

医療ルネッサンス 
 
| お知らせ | 15:32 | 編集 | - | |

読売新聞に掲載されました。

治らない痛み(4)「箱庭療法」で感情を分析というタイトルで
読売新聞の医療ルネッサンスコーナーに
細井先生の奥様の記事が掲載されました。

箱庭療法で感情を分析


 
| お知らせ | 12:38 | 編集 | - | |

胃癌

胃癌患者様よりの感謝の手紙:

 不肖私、昨年の6月に、細井先生にお会いした折、沸々と沸き起こる、勇気とパワーを賜り、お蔭様をもちまして、病もすっきりと快癒し、心身共に晴々と元気になりました。
歓喜に満ちて、厚く厚く感謝、御礼申し上げます。誠にありがとうございます。伏して合掌

お蔭様にて、現在では、肉類、乳製食品、卵等を一切断ち、玄米食に切替え、主に魚介類、野菜類、キノコ類等を、多く摂取する様に心がけ、食習慣の改善に努め、日々楽しく元気で93才になる母親の孝養に励んで暮らしています。

細井大先生様、甚だ僭越恐縮ではございますが、今まさに好期到来、崇高にて英邁なる細井先生の御心をもちて、何卒、燦然と光り輝く細井式カクテル療法をなお一層大いに、推し進めみて、雷神の如く天下に喧伝あそばされ、倫理なき悪しき三大療法を打ち砕き正さんと、広く世に知らしめされ、癌に苦しむ多くの人々を、ご救済下されます事を切に切におん願い奉り、深く深くご祈念申し上げます

敬具
| カクテル療法 体験者の声 | 13:06 | 編集 | - | |

新着記事

ブログカテゴリー

メールマガジン